クレジットカード更新が出来ない?

クレジットカード更新の時期が来た時に、新しいカードが届くのはいつだろうと待ち遠しい時期があります。
ところが、カード更新期限を超えても一向に新しいカードが届く気配がない場合が起こったとしましょう。
いったい何が原因でお手元に届かなかったのでしょうか?いくつか考えられる原因を以下にお話しします。

 

 

住所などを変更していない

非常に初歩的なミスの一つです。引っ越しなど住所の変更が発生した場合はすみやかにクレジットカード会社に報告しましょう。
転居手続きをきちんと郵便局にしておけば、1年間は郵便物の転送も可能です。届かないことで慌てるよりも、確実に対応をしておけば安心することができます。

 

 

 

カードの利用がゼロ

クレジットカードを作る目的は、本来なんらか利用したいことがあるからだと思います。
ところが、友人や知り合いに頼まれてどうしても作らなくてはいけなくなった場合など、本来の利用する目的にそぐわない理由で作ってしまう可能性もあります。
せっかく作ったから有効活用しようと思う方もいらっしゃいますが、場合によっては全く利用せずにタンスの奥に眠ってしまう場合もあり得ます。
クレジットカード会社としては、利用が極端に少ない場合は更新を拒否してしまう可能性もあります。なぜならカードを利用してもらうからこそ、ビジネスが成り立って収益が上がるからです。
それがほとんどないとなると、更新してまでカードを持ってもらうかどうかは考えてしまいますよね。

 

 

他社カードを所持し過ぎ

クレジットカードの持ちすぎも更新されない原因の一つとなる可能性があります。
多重債務者になってしまうかすでにその予備軍もしくは対象者になってしまったと考えられてしまうのもあるかもしれません。
利用可能な判断の指標は支払い能力にありますので、その能力の限度を超えたカードの所有はご自身に全くメリットはありません。
その部分をカード会社が厳しく判断した場合は、カードの更新はできなくなってしまいます。

 

 

金融事故による発行停止

ここは一番問題になってしまう出来事になります。どこかで金融事故を起こしてしまった場合は、信用情報に必ずデータが反映されてしまいます。
それによって、どこのカード会社でも今後の取り引きは積極的に行わず様子をみるか、取り引きそのものを中止してしまう可能性も高くなってしまいます。
このようなことが絶対に起こらないよう十分な注意が必要です。