クレジットカードの更新でも審査が行われる

クレジットカードにはそれぞれ有効期限があることはもうご存知だと思います。
有効期限前が来ると各クレジットカード会社から更新について、ご案内のメールや郵便でお知らせがあるかと思います。
そのまま更新される場合は新しいクレジットカードを直接送って来る場合もありますが、審査の結果によってはそうならないケースもあるということです。
更新期限を超えてもカードが届かない場合は、もしかしたら更新にあたっておこなわれた審査に通らなかった可能性もあります。

 

 

クレジットカードやローンカード等については、必ず更新時に今後も利用可能かどうかの審査がおこなわれます。
クレジットカードの更新については更新時期に行われる審査以外にも、およそ半年ごとに定期的な審査を独自におこなっている場合が多いです。
審査を定期的に実施する理由は、今後も有効なお取引が可能かどうかや支払い能力の状況など、カード契約者の方の与信を確認する必要があるからです。

 

 

更新審査で気をつけること

では、更新の審査にあたって特に気をつけなくてはいけないことはいったいどういったことがあるのでしょうか?ポイントとしては個人情報に変更があればすぐに変更する点です。
当たり前のことですが、クレジットカードを発行してもらったときから更新時期までは何年間かカードには有効期間があります。
契約時期によってはその期間が短い場合もあるとは思いますが、一般的には3〜5年は使用可能な期限に設定されているはずです。
となりますと、ある程度はその期間内にカード所有者の方にも色々な環境の変化等が起こるはずです。
その変化について、都度きちんと対応していないと、もしかしたらカード会社側でこの人は現状の変化があるのに申請がないのは虚偽申請をしているのではないかなどの必要のない疑念を抱かせてしまうかもしれません。

 

 

信用情報を汚さないこと

簡単に言いますと、いろいろ利用されているクレジットカードや銀行カードローンや消費者金融などの利用に関してのことです。
どれも無理な利用はとてもでないですがいけないことだと思います。ですが、きちんと計画的な利用を常日頃からしているのであれば、特に支払いが遅れたり延滞をするようなことはないと思います。
しかし、収入の変化や環境の変化が起こったりして、もしも支払いに支障をきたすような事態を引き起こしてしまうとなるとこれは大変です。

 

 

カード関係を多数所有しないこと

一言で言ってしまうと多重債務者にならないことです。例えば一つのクレジットカード会社で平均的に月1万円支払いをするような利用をしていたと仮定しましょう。
そんなところに新たに数社利用を開始してしまったならばどういったことになってしまいますでしょうか?いつの間にか月の支払いが5万円を超えてしまう可能性が大変高くなってしまいますよね。
もしそんな風になってしまった場合は、一気に5倍の利用代金の負担が増えたことになります。こういった負債の負担増はご自分の給与で考えてみますと、できれば全体の20%くらいにおさめておきたいところではないでしょうか?
支払い能力の根源はもらえる月々の給与の額になりますので、危険な利用をしないほうが絶対にいいと思います。

 

 

以上のように、クレジットカードでは必ずカード更新の際に審査がおこなわれることはご理解いただけたかと思います。
せっかくカードを作って、しっかりと利用してきたのならば次の更新も無事に終えて新しいカードを利用したいところですよね。
更新審査が無事に通るようにお話しした注意点を十分にお考えいただき、うまく活用したカードライフを満喫できるようにしていきたいですね。